2017/04/21.Fri. 16:16

【Staff Blog】 日常の中から

何気ない日常でも日々過ごしている中で、思い、気付き、考えることはたくさんあったはずなのに、1日の終わりにはその大半を忘れてしまっていることを、少し切なく感じます。

そんなセンチメンタルなことを考えながら、視線を落として歩いていたら、偶然タンポポの綿毛を見つけました。

タンポポに深い思い出があるわけでもないのに、なぜか少し気分が上がり、思わず立ち止まってじっと見てみる。そこでハッと気付かされたことがありました。

子供の頃は、そのまんまる綿毛の姿を見つけたらすぐに手にとり、喜び勇んで吹き飛ばしていたというのに、いつからそういう事をしなくなったのだろう…。
どうして、そういうものに興味を抱かなくなっていたのだろう…。
代わりに私は日常のどこに目を配っていたのだろう…。

そういうものって案外多かったりするのかもしれません。

感性は、何かに出会ったとき、瞬間的に生まれるものです。
それは、その人の中にしか生まれることのできない気持ちの結晶で、
触れようとしなければすぐに死んでしまい、忘れられてしまうものでもあります。

感性はプラスにもマイナスにも働く厄介なものではありますが、
“自分らしく生きること”に必要不可欠な要素であることに間違いありません。
これを切り取っては、人は人らしくいられなくなる、とても大切なものなのだと、道端で懸命に命を繋ごうとするタンポポから、改めて気付かされました。

CONTACT

導入のご検討/取材/その他お問い合わせは
お名前/所属/お問い合わせ内容を明記の上、下記メール宛にお送り下さい。
担当よりご返答させていただきます。

info@kanseiproject.com