この上なく幸せな気持ちを「五感が満たされる」と表現するように、私たち⼈間のもつ五感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)は個々⼈の毎⽇の⽣活を豊かにしてくれます。

私たちKANSEI Projects Committee(KPC)は五感の体験やその経験から創られるKANSEI(感性)を科学的に検証・可視化する研究チームです。⼈間は知覚を統合的に体験するため、それぞれの五感の専⾨家が集結し、Multisensory Experience(統合された知覚体験)での視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚の関係性や効果性を検証しています。

3つの間である「⼈間」「時間」「空間」において最適な感性デザインを適応して、豊かに幸せな毎⽇を送ることができる空間を増やし、サステイナブルな社会の実現を⽬指して、信頼性と客観性の⾼い研究を企業や教育機関と取り組んでいます。

KPC 活動目的

KPC 参画企業

  • 聴覚:株式会社JVCケンウッド・ビクターエンターテインメント
  • 嗅覚:エアアロマジャパン株式会社
  • 視覚:株式会社デザインオフィス ライン
  • 触覚:株式会社KOMA
  • 味覚:オノデラコーポレーション コーヒー事業部

KPC アライアンスパートナー

株式会社 KANSEI Design & Co.

KANSEI Projects Committee (KPC)で⾏った感性の検証結果やノウハウをベースに、感性デザインを多様な分野のプロダクトやサービスに適応させていくパートナー。新規商品・サービス開発のためのプロジェクトマネージメント、五感を使った感性ブランディングなどに従事し、感性の研究から出てくる知識を社会に実装していく。

3つの柱

KANSEI Projects Committee(KPC)の活動領域は大きく分けて
「Multisensory Space Design」(多感覚空間デザイン)、「Art & Science」(芸術・科学)、「Corporate Management」(企業マネジメント)の3つの柱があります。

多感覚空間デザイン

Multisensory Space Design

建築にKANSEI DESIGNを
適応することで、心身のWell-Being、
創造性、生産性が向上する空間設計を行う

芸術・科学

Art & Science

芸術や科学の分野での感受性・思考性を高め、
人間の直感や感覚的評価を企業でのデザインや
エンジニアリングに適応する

ビジネスへの適応

Business Application

ビジネスにKANSEI DESIGN を適応することで、
感情型ブランディング、五感でのコミュニケーション、豊かな感性をもつ⼈財を育てるためのマネジメントなどを⾏う。